悩んだ結果中絶手術をすることに

出生前診断で障害を持ってる可能性

出生前診断で障害を持ってる可能性中絶手術を決断しました私の選択は正しかったのだろうか

中絶手術は絶対に反対だと思っていましたし、することもないと思っていたのですが悩んだ結果手術をすることにしました。
年齢的に妊娠をすることがないだろうと甘く考えていたところ、40を過ぎて妊娠をしてしまいました。
経済的に余裕があるわけではありませんでしたが、せっかく授かった命なので中絶手術をすることはなく育てて行くことを決めました。
しかし、年齢が年齢ですから生まれてくる子供に障害があるかもしれないということも考えて、出生前診断をすることにしたのです。
その結果残念なことに障害を持って生まれてくる可能性が極めて高いということで、悩むことになったのです。
すでに子供はいるので元気な赤ちゃんでしたら、育てていくことはできると思っていました。
ところが障害を持っているとなると、負担は大きく難しいのではとなったのです。
出生前診断を受けたということは、障害があれば中絶手術をするということで受けたわけなので悩むことなく手術を決めればよかったのですが、やはり悩んでしまうものでした。
夫は私の意見を最優先すると言いましたが夫の考えとしては障害児は育てていくは難しいということで、中絶をせざるを得ないのではと言っていました。

中絶手術 | 中絶手術の注意点